グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  専門センター >  PET‐CTセンター

PET‐CTセンター


がんの病期診断に、PET-CT検査のご案内

PET-CTは、がんなどのブドウ糖代謝を検出するPETと、位置や大きさなどを正確に映し出すX線CTを融合した、最新の画像診断装置です。
当院PET-CT センターでは、PET-CTの特長を活かした適正な診断により、地域のがん診療に役立っています。

PET-CTセンター センター長 水野 晋二

担当医については、「放射線科(診断)」ページをご覧ください。

FDG-PET検査の仕組み

がん細胞は、正常な細胞の3~8倍もの大量のブドウ糖を消費します。
この性質を利用して、がんの有無や位置、性質などを検査するのがPET-FDG(フルオロデオキシグルコースによるポジトロン断層撮影)です。検査の前に、ブドウ糖に似たFDGという薬剤を静脈注射します。FDGには微量のX線を放出する性質があり、体内をPET-CTで撮影するとがんなどのブドウ糖代謝の高い部位を検出することができます。がん診断のほかに、アルツハイマー病の診断なども行っています。

大腸癌の肝転移(上:PET-CT 下:PET)

乳癌

肺癌

大腸癌