グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  専門センター >  内視鏡センター(内視鏡室)

内視鏡センター(内視鏡室)


内視鏡による検査・治療(処置)を安全で苦痛なく受けられるように心がけています。
当院の上部下部消化管内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)では、通常ののど麻酔のほか、作用時間の異なる2剤の薬剤を組み合わせた静脈麻酔での苦痛の少ない方法も行っております。この方法のアンケート調査では、全く苦しくなかったと答えられた方は、上部内視鏡検査では99%、下部内視鏡検査では95%に達しておりました。

スタッフ

常勤医師1名(外科)、非常勤医師2名(消化器内科)
看護師4名(内視鏡技師1名を含む)、助手2名、クラーク1名

歴史

平成元年の頃には、ジアゼパムという半減期が28時間から35時間の薬剤を1種類用いていましたが、平成3年頃から、チオペンタールという半減期2.8分の薬剤を一緒に使用することとなり、麻酔の深度の調整を行えるようになりました。

平成8年頃から、ジアゼパムに代わり半減期が120分のミダゾラムを使用することとなり、安全性が向上しました。また、平成22年頃からは、チオペンタールの代わりに半減期2.6分のプロポフォールを用いるようになり更に安全性が向上してきました。

現在は、ミダゾラム+プロポフォール法を行っています。患者様の状態や希望その他、また検者の経験により用量を考慮し、安全な施行に努めています。

効果

アンケート調査を行うと、上部内視鏡検査では99%、下部内視鏡検査では95%の患者さんが全く苦しくなかったと回答されています。更に、来年もこの麻酔方法を希望するかとの問いに対しては98%の患者さんがYESと回答されており、内視鏡検査への恐怖心がなくなり、1年に1度受けることとなり、早期発見につながっていくと考えられます。

応用

最近では、早期発見であれば、胃癌でも大腸癌においても、内視鏡にて切除することが可能になってきました。
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)という方法では比較的大きな癌まで切除できますが、それなりの処置時間を要します。その際にもこの麻酔方法が役に立ち、処置中に苦痛を感じることはありません。

(現在当外科・消化器外科では、医師の減少により救急検査処置、緊急手術など対応が困難で、リスクを伴うようなESD、あるいは粘膜切除(EMR)が適用の状況では上位施設(近隣の市立総合病院など)へ紹介させていただいています。)

内視鏡センター(内視鏡室)より

内祝鏡センター(内視鏡室)では、看護師、助手、クラークの7名が従事しております。
鎮静下での検査、治療が安全に安心して行えるように援助しています。また、患者様や御家族が満足していただけるように、短時間の関わりの中でも個別性を重視した看護が提供できるようにスタッフ一同、頑張っています。

実績(30年ほど)

内視鏡件数と常勤医師数 推移
平成/令和 西暦 胃カメラ 大腸カメラ 常勤医師数
1 1989 416 42 1
2 1990 956 143 2
3 1991 1538 272 2
4 1992 2293 615 2
5 1993 2872 823 3
6 1994 3093 879 3
7 1995 3342 921 3
8 1996 3459 971 4
9 1997 3506 1058 4
10 1998 3515 1058 5
11 1999 3604 1087 5
12 2000 3585 1211 5
13 2001 3380 1107 5
14 2002 3275 1154 5
15 2003 3284 1153 5
16 2004 2714 1034 4
17 2005 2755 1232 4
18 2006 2833 1316 4
19 2007 2628 1306 4
20 2008 2523 1325 4
21 2009 2468 1440 4
22 2010 2322 1267 4
23 2011 2189 1141 2
24 2012 2096 1177 2
25 2013 2238 1202 2
26 2014 2274 1268 2
27 2015 2152 1290 2
28 2016 2158 1263 2
29 2017 1714 965 2
30 2018 1702 828 1
31/1 2019 1681 843 1
78,665 31,391