グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  医療安全・感染対策 >  院内感染対策指針

院内感染対策指針



1.院内感染対策に関する基本的な考え方

医療従事者には、患者の安全を確保するための不断の努力が求められている。院内感染の発生を未然に防ぎ、また、ひとたび発生した感染症に対しては速やかに収束を図るために、迅速な対応する必要がある。
そのため、医療法人社団平成会藤枝平成記念病院(以下「当院」と言う)においては、感染管理組織の整備、職員教育の徹底、感染経路対策の遵守など本指針に基づき当院全体で感染対策に取り組む。

用語の定義

1.院内感染 当院で感染した全ての感染症を院内感染という。
病院内感染した感染症は病院外で発症しても院内感染という。逆に病院内で発症しても病院外で感染した感染症は院外感染である。
2.院内感染の対象者 院内感染の対象者は、入院患者、外来患者、見舞い人、訪問者及び院内の医師・看護師、その他の職員、関連企業の職員である。

2.院内感染対策のための組織に関する基本事項

下記の組織を置き連携を持ちながら感染対策を推進する。

(1)院内感染対策委員会

院内の感染対策活動の中枢的な役割を担う組織として、院内感染対策に関する問題点を把握し、改善策を講じる。 委員会は毎月1回以上開催し、医師・看護師・薬剤師等職種横断的組織とする。

委員会には、1緊急対応部会、2感染防止対策部会、3感染制御部会を置き活動する。委員会の所掌事務は次のとおりとする。
  1. 院内感染防止のための調査及び研修に関すること
  2. 院内感染のための対策に関し必要とされる事項
  3. 院内感染に係る情報の収集および関係部門との連絡調整に関すること
  4. 医療廃棄物の処理に関すること
  5. 院内抗菌薬の適正使用に関すること
  6. その他委員会が必要と認める事項

(2)感染管理室

感染管理室には、院内感染管理者及び感染制御医師を置き、感染対策に必要な事項や課題を院内感染管理委員会に提出する。

(3)看護部感染管理部会

看護部の感染管理部会のメンバーは各部署の感染対策や感染情報の収集などを行うリンクナースとして活動する。

3.院内感染対策のための職員の研修に関する基本方針

  1. 全職員を対象に院内における定期研修を年2回以上開催する。
  2. 定期研修とは別に、入職時には院内の感染対策システムやや基本的な感染経路対策について経験を有する職員による研修を行う。
  3. 院外の感染対策を目的とした各種学会、講習会にも積極的に参加できる体制をとる。
  4. 巡視など、感染対策に対する教育が必要な時には、個別に或いは現場でなど可能な形で随時行う。
  5. 院内感染管理者及び感染制御医師は必要に応じて個別の教育を行う。

4.感染症の発生状況の報告に関する基本方針

  1. 感染管理室は、常に院内の感染症患者の発生数等を把握して感染対策に生かす。
  2. 検査科は、対象限定サーベイランスを必要に応じて実施・報告し、その結果を感染対策に生かす。

5.院内感染症発生時の対応に関する基本方針

  1. 職員は、院内感染が疑われる場合には速やかに所属長に報告し、所属長は感染対策委員長に報告する。
  2. 感染対策委員長は、重大な感染症発生の場合は速やかに原因究明をし、対策を立て、職員への周知を図る。
  3. 必要に応じ行政機関への報告・相談、他院等との連携などの対策をとる。
  4. 管轄の保健所へ感染症法に規定される診断及び届出等を行う。

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する指針

本指針は、当院のホームページに掲載するとともに、患者等からの閲覧の求めには速やかに応ずる。

7.その他院内感染対策のために必要な基本指針

当院の感染対策の推進のために、常に当院の感染管理体制の点検・見直しを行う(参照:「院内感染対策指針・マニュアル」の改訂基準)と共に、院内の情報の共有化を図り、感染対策の向上に努める。
さらに地域の病院と連携し、情報交換や巡回評価などを行い感染対策の質の向上を目指す。

平成19年11月1日 作成
平成23年12月1日 改訂
平成24年11月1日 改訂